1 始めたきっかけ2 求人募集の探し方3 仕事内容4 仕事の流れ5 給与の相場
6 長所と短所7 職場の人間関係8 休憩について9 向いている素質

試験監督の職場の人間関係

● 日雇い的な仕事の場合

  例え苦手なタイプのひとと同じ業務担当になっても、一日をやり過ごせば、二度と一緒に仕事をすることがないというのが、日雇いアルバイトの良いところ。

 とはいえ、短時間の仲ですから、皆当たり障りなく、大人な対応をするのが無難です。大学で見つけたアルバイトなので、同年代の試験監督が多くいました。主催者・運営会社のスタッフは、てきぱきと仕事を指示する、厳しそうな感じのひとが多かったです。大会場での実施の際は、パートのおばさんたちも、試験監督として来ていました。

  そんな中、意気投合し友だちになるひとたちも。わたしが一緒に応募した友人は、業務が一緒になったひとと仲良くなり、休憩時間に一緒にコーヒーを飲みに行くなどしていました。

● 学校などのスタッフとしての場合

  ある程度の規模の学校になると、講師・スタッフの数も増えますし、それだけ人付き合いが活発になります。子ども向けの塾などの場合、保護者とのコミュニケーションも、うまくとる必要性が生まれます。